『DIRECTOR’S MAGAZINE』は、徹底的に“つくり手という存在”にこだわり、そのものづくりにかけるひたむきな思いや生き方を、つくり手自身の言葉で伝えていきます。  
 
ディレクターズマガジン
2007年12・1月号(NO.116)
定価800円(税込)
 
   CONTENTS
 
  ■PHOTO ESSAY
  山岸章二
   
  特集
  荒木啓子(ぴあフィルムフェスティバル ディレクター)
 

才能ある人が埋もれてしまうのが許せないんです。
才能を見落としてしまうのが何より恐い。
私たちは入選のボーダーラインだった作品のことは、おそらく一生忘れない。
かつて荒木啓子はそう語った。つくりたいと必死でもがく人たちが、出会うべきものに出会える場を与えたい。
そのために何をすればいいか。何ができるのか。
----映画が好きで、映画をつくれないと生きていけないという人が、この国には三千人はいると思う。
その人たちのために、ぴあフィルムフェスティバルはあり続けたい----

 
   
 

堀三郎(映像コーディネーター アテネ・フランセ文化センター制作室担当)
徳永京子 (ライター)
リンダ・ホーグランド(プロデューサー・字幕翻訳家)

   
  注目のひと
  大島新(テレビディレクター・映画監督)
城戸雅行 (Webクリエイター)
横浜聡子 (映画監督)
   
  特別インタビュー 飛躍するクリエイター
  犬飼謙太(写真家)
   
  伝説のつくり手たち 第5回 
  堀内誠一(グラフィックデザイナー・エディトリアルデザイナー・絵本作家)
   
  FREELANCE STYLE
  配給者インタビュー 渡辺恵美子(クレストインターナショナル)「やわらかい手」
   
  ■キワモノ映画マンの転地想造 叶井俊太郎
第34回 トロント発!モラルを超えた映画!?
   
 

■著作権基本の歩〜展開編〜 上原伸一
第4回 著作権侵害の非親告罪化で「表現の自由」が危ない!?

   
  FILM FOR FILMING
   
  小寺信良のCreative Dive
第5回 音響の現場にITを持ち込んだローランド〜ライブの常識を変える「V-Mixing System」
   
  PECおすすめ講座
   
  ■Webクリエイティブはどこまでいけるか 朴正義
第5回 アワード狂想曲 
   
  ■オレかく語りき 程亮弼
第5回 ピン本への道
   
  ■古今東西ちまたの目 片上雅仁
第5回 「朝鮮語」と「韓国語」
   
  ■ラジカル鈴木の「クリエイターのための健康法について考える!?」
Vol.5 リバウンド対策大作戦!その@
   
   バックナンバーのお申し込み  
   
  『DIRECTOR’S MAGAZINE』の購読申し込みは、申込フォームからお願いいたします。
  ※不定期発行のため、定期購読は受付けておりません。  
 
     
 

お電話、メールでのお問合せは下記よりお願いします。

『DIRECTOR’S MAGAZINE』編集部
TEL:03-4550-0061(平日10:00〜19:00)
FAX:03-4550-0062

e-mail:directors.info@hq.cri.co.jp

   
   バックナンバーはこちらから↓  
     
  ■2009年10・11月号(NO.127)  
  ■2009年8・9月号(NO.126)  
  ■2009年6・7月号(NO.125)  
  ■2009年4・5月号(NO.124)  
  ■2009年2・3月号(NO.123)  
  ■2008年12・1月号(NO.122)  
  ■2008年10・11月号(NO.121)  
  ■2008年8・9月号(NO.120)  
  ■2008年6・7月号(NO.119)  
  ■2008年4・5月号(NO.118)  
  ■2008年2・3月号(NO.117)  
  ■2007年12・1月号(NO.116)  
  ■2007年10・11月号(NO.115)  
  ■2007年8・9月号(NO.114)  
  ■2007年6・7月号(NO.113)  
  ■2007年4・5月号(NO.112)  
  ■2007年1・2月号(NO.111)  
  ■2006年12月号(NO.110)  
  ■2006年11月号(NO.109)  
  ■2006年10月号(NO.108)  
  ■2006年9月号(NO.107)  
  ■2006年8月号(NO.106)  
  ■2006年7月号(NO.105)  
  ■2006年6月号(NO.104)  
  ■2006年5月号(NO.103)  
  ■2006年4月号(NO.102)  
 
■↑以前のバックナンバーはこちらから