『DIRECTOR’S MAGAZINE』は、徹底的に“つくり手という存在”にこだわり、そのものづくりにかけるひたむきな思いや生き方を、つくり手自身の言葉で伝えていきます。  
 

ディレクターズマガジン
2007年1月2月号(NO.111)
定価500円(税込)

 
 
   CONTENTS
 
  ■ Top Interview
  周防正行(映画監督)
 

待望の新作ついに公開! 突き動かされたのは日本の刑事裁判の現状
「映画を作ることが僕の使命じゃない。映画をつくって何かを伝えることが、僕にとって大事なんです」

 
   
  ■ Special Edition
  クリエイターのための確定申告マニュアル
 

フリーランスには1年間を締めくくる大仕事である「確定申告」。是非参考にしてください。

 
   
  ■ Follow The Track〜クリエイターの軌跡〜
  干田宏(CGディレクター)
 

「日本と世界のギャップを意識して上手く出せば、面白いものが出来る!
生まれ育った環境も、内気でオタク的な気質も、すべて作品のエッジとなって生きている。

 
   
  ■ Freelance Style Vol.39
  フリーランスクリエイターが自らを語る
 

小林史章(映像制作・演出家)
遠野豊(Webデザイナー)
井上大器(グラフィックデザイナー)
和合崇(DVD2カ国語制作)
林良祐(3Dキャラモデラー)
AmitPitaru(アーチスト)
徐敏源(プロデューサー)

 
   
  ■ 監督は、映画の完成を一番強く願っている
  〜映画監督はなぜ著作権者ではないのか〜
 

伊藤俊也(映画監督)
黒沢清(映画監督)

 
   
  ■ キワモノ映画マンの転地創造  叶井俊太郎(映画バイヤー・宣伝プロデューサー)
  第26回 まさにホラー級!? ポルノ劇場の衝撃的真実!
   
  ■ 覆面プロデューサーの「そこ突っ込ませていただきますっ!」  津川雅実 (プロデューサー)
  第34回 知ってびっくり! オンラインゲームの奥深さ
   
  ■ 著作権基本の歩  上原伸一(元朝日放送著作権部長)
  第10回 〜紙のコピーとビデオのダビング〜
   
  ■ PEC(プロフェッショナルエデュケーションセンター)
  2007年PEC講師陣の「今年のキャッチフレーズ」
   
  ■ Cinema Pocket  ラジカル鈴木(広告・書籍・雑誌・キャラクターデザイン)
  第22回 ラジカル鈴木の試写室より愛を込めて「デート・ウィズ・ドリュー」
   
  ■ クリ苦楽(KURIKURA)
  〜こんなときどうする?お悩み解決隊〜
   
   バックナンバーのお申し込み  
   
  『DIRECTOR’S MAGAZINE』の購読申し込みは、申込フォームからお願いいたします。
  ※不定期発行のため、定期購読は受付けておりません。  
 
     
 

お電話、メールでのお問合せは下記よりお願いします。

『DIRECTOR’S MAGAZINE』編集部
TEL:03-4550-0061(平日10:00〜19:00)
FAX:03-4550-0062

e-mail:directors.info@hq.cri.co.jp

   
   バックナンバーはこちらから↓  
     
  ■2009年10・11月号(NO.127)  
  ■2009年8・9月号(NO.126)  
  ■2009年6・7月号(NO.125)  
  ■2009年4・5月号(NO.124)  
  ■2009年2・3月号(NO.123)  
  ■2008年12・1月号(NO.122)  
  ■2008年10・11月号(NO.121)  
  ■2008年8・9月号(NO.120)  
  ■2008年6・7月号(NO.119)  
  ■2008年4・5月号(NO.118)  
  ■2008年2・3月号(NO.117)  
  ■2007年12・1月号(NO.116)  
  ■2007年10・11月号(NO.115)  
  ■2007年8・9月号(NO.114)  
  ■2007年6・7月号(NO.113)  
  ■2007年4・5月号(NO.112)  
  ■2007年1・2月号(NO.111)  
  ■2006年12月号(NO.110)  
  ■2006年11月号(NO.109)  
  ■2006年10月号(NO.108)  
  ■2006年9月号(NO.107)  
  ■2006年8月号(NO.106)  
  ■2006年7月号(NO.105)  
  ■2006年6月号(NO.104)  
  ■2006年5月号(NO.103)  
  ■2006年4月号(NO.102)  
 
■↑以前のバックナンバーはこちらから